1. TOP
  2. 弁護士保険
  3. シングルマザーが強く生きる方法とは?悩み事を電話で相談できる窓口を知るべき理由

シングルマザーが強く生きる方法とは?悩み事を電話で相談できる窓口を知るべき理由

弁護士保険
この記事は約 8 分で読めます。 2,007 Views

シングルマザーに、なられて将来の子供のことを、考えたらお金の問題で悩まれておられるのではないでしょうか?

たとえば、子供が大きくなり、高校や大学に進学する際に、公立か私立の学校に入学するのかによって学費にかなりの差がでると思います。

まずは、一番に現在もらっている養育費の金額を見直すことで、養育費の増額申請が可能です。

こちらの記事では、幼稚園から大学までの1年間で必要な学費の平均額を書いていますので、参考にして頂きまして、養育費の増額を考えられてください。

もし、もうすでに子供の学費が高くなり、生活が苦しくて、養育費の増額について、すぐにでも弁護士に相談したい方は下の記事に弁護士に直接相談できる方法を詳しく書いていますので、ご覧ください。

離婚に関する相談を誰に?第三者の弁護士に直接相談できる電話番号で有利になる進め方

母子家庭で困って電話相談したいこと

子どもの進学で学費が足りない

シングルマザーは、子どもが大きくなるにつれて、どれくらいの学費が必要になるのか、とてもきになるのではないでしょうか?

ある程度の、教育費用を、知っておくことで、心の準備ができるのではないでしょうか?

こちらの記事では、学習費の総額が、公立と私立の学校で、どれくらいになるのか詳しくご説明していきます。

学習費とは、次のような費用のことです。

  • 入学金
  • 授業料
  • 制服
  • 教科書
  • 給食費
  • 遠足などの費用

以上のような費用で、学生生活でかかる、すべての費用になります。

幼稚園にかかる学費の平均額(1年の平均額・3年間の総額)

 

小学生にかかる学費の平均額(1年の平均額・6年間の総額)

中学生にかかる学費の平均額(1年の平均額・3年間の総額)

高校生にかかる学費の平均額(1年の平均額・3年間の総額)

大学生にかかる学費の平均額(大学は4年間で短大は2年間)

学費については、公立か私立の学校に進学するのかによって、学費にかなりの違いがあります。

もし、子どもが私立の学校に行くことになれば、かなりの学費などが必要となり、生活に困ってしまい悩んでしまうのではないでしょうか?

しかし、あきらめないでください。

まずは、元夫から養育費をもらっている金額の増額申請をしましょう。

下の記事に、養育費の相場を詳しく書きましので、ご覧ください。

生活費を助ける支援制度はあるのか

母子家庭での生活は、限られた収入源の中から生活費を節約していかないと厳しいのが現状ではないでしょうか?

シングルマザーは、全国で120万人を超えています。(平成23年度調べ)

平均年収は、181万円(月収、約15万円)です。

シングルマザーは、子どもに、人並みの生活をさせてあげたいと思う気持ちは、人一倍強いのではないでしょうか?

しかし、日常生活の中でできる節約には、限界があるのではないでしょうか?

もし、あなたが、生活を助けてもらえる支援制度を、活用されていないのでしたら、次のような、制度を活用しましょう。

  • 保育料の免除と減額
  • 上下水道の減免制度
  • 粗大ゴミ等処理手数料の減免制度
  • 交通機関の割引制度
  • 国民年金・国民健康保険の免除
  • 所得税、住民税の減免制度
  • 乳幼児や義務教育就学児の医療費助成
  • 生活保護
  • 母子家庭の住宅手当
  • 遺族年金
  • 特別児童扶養手当
  • 児童育成手当
  • 児童扶養手当
  • 児童手当

以上のような制度は、それぞれの家庭状況によって条件がありますが、手続きをすることにより、支払いが免除されて、通常の支払い金額の半額、3分の1金額だけの支払いですむ場合や、全額、支払わなくてもすむ場合もあります。

また、手当についても、それぞれの家庭環境によって、もらえる金額が決まっていますが、手続きをすることによって、受けとることが可能です。

しかし、手続きの方法や支援制度について、自分の家庭状況に、あてはまる支援制度が、わかりにくいと思います。

ですので、

まずは、専門家の弁護士に相談することを、オススメします。

下の記事に、弁護士に直接相談する方法を詳しく書いてますので、ご覧ください。

母子家庭の相談所で悩みを聞く場合の注意点

シングルマザーの生活、仕事、育児などの身近な相談所としては、市役所の相談窓口ではないでしょうか?

ただ、お近くの市役所などは、知り合いとかが多く、相談しているところを、見られたくなかったり、相談員が、知り合いだったりして、相談に行きづらい場合もあるでしょう。

法律などの相談は弁護士による無料相談で対応してもらえますが、電話で相談する場合でも予約制になっているので、いつでも直ぐには相談できないです。

弁護士に直接相談する方法は、こちらの記事の最後の方に書いてますので、どうぞ読みすすめてください。

心の悩み相談を携帯電話で24時間いつでも無料相談できる方法

シングルマザーは、日々の仕事をこなしながら、子育てをしているので、非常に忙しくストレスを、かなりかかえているのではないでしょうか?

特に、働いている職場での人間関係などで、悩んでおられる方は、多いのではのでないしょうか?

お仕事の勤務体制も次のような時間帯ではないでしょうか。

  • 午前中だけでお昼に帰る。
  • お昼からで夕方には帰る。
  • 夕方からで夜遅く帰る。
  • 夜勤で朝帰る。

以上のような勤務体制で、お仕事の終わる時間帯は、色々だと思います。

もし、24時間いつでも、どんな悩みでも愚痴とかでも聞いてもらえる相談窓口があったらいかかでしょうか?

たとえば、次のような悩み相談をしたくなるのではないでしょうか。

  • 仕事での人間関係で、悩み愚痴を聞いてほしい。
  • 体調が悪くて、健康状態が気になるので聞いてほしい。
  • 子育てのことで、相談したい
  • 最近、落ち込むことが多くて、もしかして、うつ‥?かもしれないと悩んでいる
  • 太りすぎで、ダイエットのことで相談したい
  • カラダの悩みとかで、親や友だちとか、誰にも知られたくないような悩みを相談してみたい。

以上のような悩みごと以外にも、たくさんの悩みごとを、かかえて、おられるのではないでしょうか?

悩んでいるときは、少しでも誰かに聞いてもらうだけで、スッキリして、ストレス解消になるのではないでしょか?

実は、24時間、いつでも携帯電話で、遠慮なく相談できるサービスがあります。

本当に、ささいなことで、こんなことを相談してもいいのかなって思うようなことや、グチとかでも、聞いてもらえます。

なぜ、そんな、ありがたい サービスがあるのかなって思われるかもしれませんが、サービスを提供している会社の目的は、メンタルの不調を解決し、予防する仕組みづくりを提案しています。

ですから、なんでも相談ダイヤルです。

たとえば、

  • 職場での問題
  • 家庭での悩み
  • 困りごと

など、

あらゆるストレスの源の解決支援をして、メンタルの不調、うつ病を予防し早期発見につなげています。

サービスを提供している会社は、「株式会社セーフティネット」です。

ですが、

限られた会社の社員でないと、なんでも相談ダイヤルは利用できません。

しかし、

利用できる方法があります。

下の記事に、弁護士保険について、詳しく書いている記事がありますが、弁護士保険に加入すると、なんでも相談ダイヤルが利用できます。記事の最後の方で、なんでも相談ダイヤルについて、書いてますので、ご覧ください。

シングルマザーの相談相手は専門家の弁護士に相談するべき理由

シングルマザーは、生活の中で起きたトラブルに対して、とても、不安な気持ちになったりすることが多いのではないでしょうか?

特に、お金の問題で悩まれているときが、一番、不安になるのではないでしょうか?

たとえば、次のようなことで悩んでおられるのではないでしょうか?

  • 元夫からの養育費がとまり生活に困っている
  • 養育費をもらっているが、子どもの学費などで足りなくなって生活に困っている
  • 離婚するときに慰謝料の請求をして、分割でもらっていたけど、支払いがとまり生活に困っている
  • 離婚するときに慰謝料の請求をしていなくて、今になって後悔している
  • 借金が払えなくなり、生活に困っている

以上のような問題で、悩まれている場合は、一人で悩まずに必ず相談しましょう。

相談するときは、やはり専門家の弁護士に相談するべきです。

なぜならば、弁護士は、当然ですが法律に詳しく問題を解決するプロです。

ちょっとしたことでも、早めに相談して、アドバイスをもらうだけでも、安心できます。

今、悩んでいることで、これから先どうすれば良いのか分からないときが、一番不安になり、苦しくて、ストレスになるのではないでしょうか?

もし、そんなときに、専門家の弁護士に相談できて、アドバイスをもらえたら、これからの、未来がとても明るくなり、気持ちが楽になります。

下の記事に、弁護士に直接相談する方法を詳しく書いてますので、ご覧ください。

PV2017営推001201707

\ SNSでシェアしよう! /

〜法律の匠〜 弁護士保険の口コミはどうなのか?の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

〜法律の匠〜 弁護士保険の口コミはどうなのか?の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
慰謝料請求の弁護士費用を安くするには?
弁護士費用の相談料と着手金で

20万円~40万円


かかることをご存知でしょうか?


実は、この高額な弁護士費用を3分の1近くにするとっておきの方法があります。


詳細は下のボタンをクリックしてください。


弁護士費用を安くするLINE・電話相談

ライター紹介 ライター一覧

楢原 和紀(ならはら かずのり)

楢原 和紀(ならはら かずのり)

専門家の弁護士をミカタにつけて安心して暮らせる情報をお伝えしてます。
あなたのミカタ!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 離婚に関する相談を誰に?第三者の弁護士に直接相談できる電話番号で有利になる進め方

  • 離婚して養育費はいくらもらえるのか?夫の年収が600万円の場合、相場はこの金額

  • 離婚に関する相談を誰に?第三者の弁護士に直接相談できる電話番号で有利になる進め方

  • 離婚準備と水面下でやるべき手続きとは?弁護士に携帯電話から直接相談できる方法はこれ

関連記事

  • 離婚準備と水面下でやるべき手続きとは?弁護士に携帯電話から直接相談できる方法はこれ

  • 離婚に関する相談を誰に?第三者の弁護士に直接相談できる電話番号で有利になる進め方

  • 離婚に関する相談を誰に?第三者の弁護士に直接相談できる電話番号で有利になる進め方

  • 離婚調停の弁護士費用を相場より安くする唯一の方法!